緊急時の飲水確保で意外と需要の伸びが期待される井戸

自然エネルギー

太陽光発電に適した住宅環境とは

太陽の光と言うのは永久的に存在するエネルギーです。 地球の中には色々なエネルギーが有りますが、いつかは果ててしまうと言われているのです。 これに対し、太陽の光エネルギーは限りないエネルギーであり、このエネルギーを利用したのが太陽光発電システムです。 太陽光発電システムは、住宅の在る環境に左右される発電システムでもあり、屋根の向きが南に向いていて、屋根の傾斜角度が30度の時に発電効率が最大になると言われているのです。 また、この条件を満たしている屋根の面積が広い程、多くのソーラーパネルを設置する事で出来、その結果発電効率が高くなると言われており、太陽光発電システムを導入する時は、発電シミュレーションを行って発電量を確認しておく必要が有るのです。

太陽光発電の発電シミュレーションとは

南に向いている屋根で、傾斜角度が30度と言うのが最も発電効率が高くなる屋根であると言われていますが、このような条件でなければ太陽光発電は導入できないと言う事ではありません。 但し、南向きの屋根、傾斜角度30度に対しての電気の損失を考慮した形でシステムを導入しないと、十分な発電量が期待出来ないため、太陽光発電システムを導入する時には発電シミュレーションを行う事が良いと言われているのです。 尚、ソーラーパネルは太陽光発電システムの要となりますが、ソーラーパネルは直列に接続して発電した電力を加算していきますので、条件によってはソーラーパネルの枚数が多くなる事も有ります。 そのため、どれだけのソーラーパネルを設置すれば良いのかと言う目安になるのが発電シミュレーションなのです。