現在の解体工事 | 緊急時の飲水確保で意外と需要の伸びが期待される井戸

緊急時の飲水確保で意外と需要の伸びが期待される井戸

現在の解体工事

解体工事と建築リサイクル法について

解体工事は建設リサイクル法に基づき分別解体による方法で建築物を取り壊す事が義務付けられています。 屋根瓦、窓ガラス、建具などはリサイクルが可能な資材であり、基礎に使われているコンクリートや鉄骨などもリサイクル資材として再利用が可能であり、建物を従来のように重機で押しつぶして解体工事をすると、リサイクルを行うことが出来なくなるため現在ではこのような方法で取り壊す事は禁じられているのです。 尚、重機を使って建築物を取り壊す事をミンチ解体と言います。 リサイクルを行う事で地球の資源保護などに役立てることが出来るため、建設リサイクル法と呼ばれる法律が施行され、ミンチ解体による解体工事が禁じられているのです。

解体工事の分別解体とリサイクルについて

解体工事による規制は厳しくなっている言えますが、これはミンチ解体による解体工事が禁じられている事からも規制が厳しいと言えるのです。 従来の解体工事では、建物を取り壊した後に出た廃材は埋立地などに埋め立てられると言う形で処分が行われたり、焼却されて処分が行われていました。 しかし、埋め立て地は満杯の状態になり、燃焼させることで大気汚染に繋がる事からも、建設リサイクル法が施行され、分別をしながらの解体が義務付けられているのです。 因みに、住宅の基礎などで利用されているコンクリートは回収された後に粉砕機で粉砕され、舗装道路の資材として活用されると言われており、リサイクルというものは今後も様々な分野で行われていく事になると予測できるのです。